スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
鳥取砂丘の夕焼けとカメラマン
鳥取砂丘は、ほんとうに砂丘だった。
出かける前は、あまり期待していなかったのだけど。

JR鳥取駅からバスで20分。そろそろ着く頃かなと車窓に目を向けると
突然、そう、まさに突然、視界が開けた。
砂、砂、砂。はるか彼方まで砂。
ここが日本?
東西16km、南北2kmの砂丘。
丘の上の方で固まっている人々が小さく見える。
私も、早速歩き始めた。
風紋……風が作り出した砂のさざ波が気まぐれに模様を変える。
その模様の中にボコボコと足を踏み入れながら
歩けども…歩けども…
なかなか前に進まなかった。
いつまでたっても砂の上。
高い空に向かって盛り上がっている砂丘のてっぺんがやけに遠い。
あの上で、みんな何を見ているのだろうか。日本海だろうな、きっと。
なんとかなんとか丘を登り詰めた。

海。
荒々しく叫ぶような日本海。
波の音が、何もかも飲み込む…

ふと周りを見ると、いつの間にか人がいなくなっていた。
もう夕方だ。
夕陽がこの世のものとも思えないほど美しい。
叫んでいるのは、波しぶきだけではなかった。
砂の音。風紋の音。風の声…

秋の薄い日射しが少しずつ動く。やはり眩しい。
眩しさに目を細めながら、隣の山、というより丘を見ると
カメラマンたちがたくさん三脚を構えていた。
その中の1台が、少しだけ離れてカメラをこちらに向けている。
こちらって、私?
私の周りにはもう誰もいない。
自意識過剰に意識して見ていると、やはりここを狙っている?
見るともなく見ていたら、あることに気がついた。

あちらの方がずっと絵になる。
夕陽を背景に、砂丘の上に三脚とカメラ。
私の方向から見ると、まるで月面着陸した小型ロボットみたい。
残照を浴びて、影絵のような三脚。
そこだけ不思議な世界が広がっていた。
で、私からも写真撮影。

ここで載せる?
鳥取砂丘は数年前に行ったので、写真データを探さなければ・・・
それともmiwamoさんがイラストを描いてくれるかな?

posted by: masumi | | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 20:00 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://shiorido.jugem.jp/trackback/13
トラックバック
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM