スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
雪解けの古の参道 長野・戸隠神社、奥社
こんなに難行になるとは思わなかった。
途中、何度も気持ちが萎えた。

戸隠の奧社があんなに山の中、しかも4月下旬にまだ積雪があって一面真っ白だとは思いもせず、認識不足のまま歩き始めたのだった。
春の森林浴か、杉木立の散策ぐらいの軽い気持ちで…
奧社バス停(奧社入口)から勇壮な戸隠山の頂きを眺めながら。

「天岩戸」ゆかりの戸隠神社。
その五社(中社、九頭龍社、奧社、火之御子社、宝光社)は、天岩戸を開けるのに貢献した神々が祀られている。
本社である奧社は、天の岩戸を開け戸隠へと投げた天手力雄命(あめのたじからおのみこと)を祀る。
太古より護り続けられ、山岳信仰の修業場でもあった。


奧社の随神門をくぐったあたりから空気ががらりと変わった。
違う世界に飛び込んだかのよう。
天に抜けるように聳え立つ百数十本もの杉並木の参道に入ると、人々が急に小さくなった。
人は古の森では小人にすぎない。

風にひんやりと霊気が交ざる。
厳かな霊気が。

多少の緊張感とともに、それでも最初は杉並木の参道がぬかるむ程度の残雪を悠長に楽しんでいた。
やがて、この平坦な道がずっと続くのではなく山を登るということに気づき、進むほどに斜面がきつくなり雪深くなってきたこと、雪がシャーベット状に凍っていること、前方の上り坂は白一色で、見え隠れする階段らしき形はもはや道ではないこと…を知った時には、もう引き返すこともままならぬ所まで来ていた。
森林に覆われたりっぱな雪山に対して、我が身は軽装に華奢なスニーカーだった。


雑念がすべて飛んだ。

無事に登って、そしてこの同じ道を無傷?で降りて来られるのか、その不安で胸がいっぱいになった。
登ったからには降りなければならない。
この凍った雪の山道を。

目の前にある道を、ただ一歩一歩踏み締めながら登るしかない。
それしかなすすべがないという感じだった。
(帰ってから思うと少々大げさだった)

悲鳴や歓声が響き渡る。
至る所で、滑る音と尻餅をつく人。
手すりも何もない。自分の身体を足に預けて踏み締めて登る。
のんびりとした春の陽気に救われて「お気をつけて」と言葉を交わすが、降りて来る人は必死の形相。


そして、とうとうたどり着いた奧社。
この空気、霊気のなんという清浄さ。
同じ山麓にいるのにまだ空に浮いている戸隠山の気高さ。
圧倒されていた。
隔世の感があった。
ほとんど「無」の心境だった。

さて、恐れていた下り。

今度は覚悟を決めて下り始める。所々がアイスバーンの急斜面。
慎重にゆっくりと。
他のことは何も考えずに足元を凝視しながら、周りの出来事には気配で対処して降りていった。

どれくらいたったのか。

時間はそれほど過ぎていないように思ったが、すぐ側を降りていた見知らぬおじさんが仲間に向かって言っていた。
「もう、ここまで来れば大丈夫だよ」

顔をあげると、確かにあっけないほど早く平坦な所まで降りていた。

なんだか魔法みたい(この言葉は今後の旅で何度もつぶやくことになる)。

行きの登りは2時間ほど。
下りは、10分ぐらい…。
正確なところはわからない。
時間などというものは存在していなかった。

ホッとすると急にお腹が空いて、身震いするほどの寒さも感じた。

戸隠は信州でも屈指のそば処。戸隠連峰の高冷地で栽培された霧下そばと呼ばれる玄そばを、熱々の鴨南蛮のつゆでしみじみと味わった。
お蕎麦がこんなに美味しかったなんて。
妙な感激が達成感と心地良さとともに押し寄せてきた。


戸隠神社の奧社と中社は離れている。古の参拝道を歩けば約1時間。他の古道も
戸隠山の山麓内でブナや白樺の森林植物園、鏡池、登山道へと繋がっている。
5月20日が戸隠山開山祭。
森林植物園のミズバショウの見頃も近付いてくる。


posted by: masumi | | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 16:45 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://shiorido.jugem.jp/trackback/15
トラックバック
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM