スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
ふぶき、ふぶき、桜吹雪の山形霞城公園

今年の春は遅い。
先日、歩いた越後の方でも、桜がやっと開花したばかりだった。

桜、その花盛りよりも、桜吹雪で忘れられない土地がある。
数年前に訪れた山形の霞城公園。

4月の下旬、その日の朝は山形の山寺(宝珠山立石寺)の千余段の石段を登りきって、五大堂から奥羽山脈を見下ろしていた。
身体の中まで吹き抜けていく風に圧倒されながらも、心地よさにしばらく身を委ねていた。
稜線と雲の刻一刻と移り変わる優雅な天の絵に時間を忘れて見とれていたものだ。

帰途、宿泊先の山形駅までJR仙山線に乗車。
終点の山形駅に近づくとアナウンスが流れた。
霞城公園の堀端の桜並木が車窓に見えてくるという。
電車の速度を落とすので、お楽しみくださいとのこと。

最上藩の城主、最上義光が築いた霞城跡の石垣とお堀に、桜の花が今が満開と咲き誇っていた。
徐行運転となった車内から歓声が上がる。乗客誰しもが花に見とれた。
思いがけない贈り物だった。

その夜、ホテルから霞城公園まで足を延ばしてみた。
折しも夕方から強い風。
桜は満開を過ぎていたのだろうか。
白い花びらがこれでもかとばかりに舞う。

かつて経験したことのない桜吹雪、猛吹雪。
花、花、花を浴び続けながら土手を歩いた。
桜吹雪で周りが見えない。
風が吹き荒れているので歩く方もままならない。
なんという花の嵐か。
風はどういうつもりなのか。
風が荒れ狂っているのか、花びらが荒れ狂っているのか。
すさまじくも美しい桜吹雪だった。


posted by: masumi | | 18:33 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 18:33 | - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/02/24 5:32 AM |









この記事のトラックバックURL
http://shiorido.jugem.jp/trackback/22
トラックバック
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM