スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
桜の花よ、北へ
日本列島を桜色に染め、花は北上しつつある。

各地の花の名所は、今年はどこも静かだという。

震災後、首都圏では買い占めに走る人がいる一方で、支援や救助、事態の収束に奔走する人々もいて、日本は余震だけでなく人も小刻みに揺れ動き、列島全体では喪に服してしまったような自粛ムードが続いている。

今一番元気のないのは東京の人!とも聞いた。

そんな中で、生きていること、健康なこと、周りの木々が花をつけ始めていること、鳥が囀ずっていることにしみじみとありがたさを感じている人も多いのでは。

震災の翌日、東京郊外の駅を降りると、巨大地震なんてなかったかのように晴れ渡った青空にさわやかな風。
民家のドアが開閉する音がして母親が子供を呼ぶ…、牛乳ビンが行儀よく並んだ玄関先で大きく伸びをした猫が草花の横をすり抜けていく。日差しを浴びた洗濯物が気持ちよさそうに風を受けて揺れている…、そんな日常の生活を見ながら、これを失った人があまりにもあまりにも多くいることに愕然としながら歩いていた。

一昨年、三陸海岸を旅した時、今回津波に襲われた地区の一つ、宮古の町を散策した。歩き回った市場近くの町並みや看板、道は、今はもうない。
その時に、宮古から乗った北リアス線「久慈(くじ)行」の、素朴でかわいい、たった1両か2両編成の車両が、津波に流され横転しているのを映像で見た時はとても悲しかった。

そんな被災地の人たちが、「私たちも頑張りますから、東京の人はもっと元気出してください」と言っているとか。

そういえば、被災した人々の冷静さ忍耐力の強さ、他を思いやる姿に海外メディアは驚き、敬服して、こぞって報道していた。その土地で昔から地道に生きている普通の日本の人たちの姿が「高潔な精神」として捉えられた。
そして、今まで「日本の誰か」が援助、救援してきた発展途上国の人たちも「恩返し」の一つとして自分たちの少ない稼ぎから日本へ募金したいと行列を作っている。

日本は大きな犠牲を払ったが、私たちは「日本人」の気質を自覚するようになった。日本人の、人としての本来の姿、実はとても尊く気高く美しい心の有り様を多くの人が思い出し、自分たちのことも含めて見つめ直しているのではないだろうか。

今回のことで「人種」は二つに分かれそうだ。
一つは「高潔な精神」を持つ人とそれに気づき動こうとする人。
もう一つは、自分たちのことしか考えない人。わずかとはいえ被災地ではスーパーなどでの窃盗もあったとか。首都圏などでガソリンや食料を買い占めた「自分たちだけよければ」の人たち。本当に必要で、家族のことを思って買いだめに走っているのかもしれないが、人は物欲がある限りそれにしがみつこうとして今の生活レベルを守ることに必死になる。
その2つの間で揺れている人も多い。

だが、確実に今までとは違う灯火がちらほら見えはじめてきた。


ともしびと言えば、最初の計画停電の夜、街中が真っ暗な中、部屋に差し込んできたほのかな明かりに気が付いた。窓の外を見ると月光。
ちょうど1年間で最も月が大きく見えるスーパームーンの少し前で、その明るさと美しさに感激。束の間、世の中の出来事から離れて見入っていた。
自然界本物の幻想的な暗さと明るさ。平安時代の物語世界に入ったようで、真の暗闇にはもののけか妖怪が潜んでいるような気配さえあった。数百年〜千年ぶりに彼らも恐る恐る世の中を窺っていたのだろうか。
怖くもあり感動的でもあり、不思議なひとときだった。
自然界の暗さと明るさは、あまり物にしがみつかない方がいいよ、と教えてくれているようでもあった。

さて、花見。直に東北も開花するだろう。

飲んで騒ぐのではない、ただ桜の花を愛でながら今ある命に感謝するということを、今、日本の多くの人が望んでいる気がする。
花を愛でる、見るということは自粛するとかしないとかとは無縁の、人として尊い所作と思う。
それは、太古から月を愛でるのと同じように、人々が続けてきた自然の習わしなのだ。
人として、するべきこと、するべきでないことは皆、自らの判断に委ねられていいはず。
自分たちの思いと行動は、良くも悪くも必ず届くべきところに届き、やがて戻ってくる。

桜よ。
北上しながら、たくさんの人々の、さまざまな想いを受け止めながら、迷うことなく咲ききってほしい。



posted by: masumi | | 15:06 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 15:06 | - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/08/29 6:33 PM |









この記事のトラックバックURL
http://shiorido.jugem.jp/trackback/23
トラックバック
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM